オススメリンク
最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
振り返る年配の医師

日本に住んでいるとがんになる確率が高くなります。実際に日本ではがんは死因の理由第一位の疾患です。
がんになる理由としてはストレスが原因の場合があります。
現在はストレス社会で、電車での通勤や通学または仕事でのストレスまたは家庭内でのストレスなど理由は幅広いです。
そして日本人は仕事に対しての責任感が特に強く、家庭よりも仕事を優先したりする傾向があり、自宅に戻っても仕事をしたりします。
このように帰っても仕事を行うい時間外労働を行うことから、プライベートの時間や趣味の時間がなくなり、自分のリフレッシュの時間が少なくなります。
自分の時間がなくなれば人に対しても優しくできなかったり、喧嘩が増えたりさまざまな悪循環が起こります。
ストレスを溜めないようにと心掛けてはいるものの、仕事に対してなかなか手を抜くことはできません。

がんの種類にはさまざまな種類があります。胃がんや大腸がん、肺がんはがんのなかでも多い種類です。
がんの種類には十二指腸がんという種類もありますが、これは胃と小腸の間にある十二指腸に出来るがんのことです。
十二指腸は指を十二本並べた大きさに値することからその名前が付いたとされています。
十二指腸がんでは自覚症状がほとんど見られることはないんので、定期的な検診や健康診断で発見されることが多いです。
進行がんの段階でも十二指腸がんは特徴的な症状が見られる事は少ないです。

がんの治療方法には主に三大療法と呼ばれる療法を用いて治療していきます。
その療法は手術療法、化学療法、そして放射線療法になります。
また、近年取り入れられている療法は第四の治療方法と呼ばれていて免疫細胞療法と呼ばれるものです。
免疫細胞療法は自分の細胞を利用して行う治療方法です。
免疫細胞療法は、免疫の強化をする治療方法になります。

NK細胞療法とは血液のリンパ球の中に含まれるNK細胞とよばれる細胞を利用して行われる治療方法になります。
また、NK細胞療法で用いられるNK細胞はナチュラルキラーの略です。
ナチュラルキラー細胞は1970年に発見されました。
このNK細胞はがん細胞だけに効力を発揮するのではなく、ウイルスにも効力を発揮することがわかっています。
ナチュラルキラー細胞の他にもリンパ球に含まれる獲得免疫系のT細胞も注目されています。
NK細胞療法で使用されるNK細胞は抗原感作なしに悪い細胞を破壊することができるリンパ球になります。
NK細胞は子供の頃は体内に多く存在し、年齢を重ねるごとに減っていくことがわかっています。
このことから、年齢を重ねていくごとにがんの発症リスクが高くなっていく事と関連づけられます。